PHPカンファレンス関西2024に参加しました

会場のグランフロント大阪

2/11 (日)に開催されたPHPカンファレンス関西2024(以下、ぺちこん関西)に参加しました。

ぺちこん関西、とても良かったですね!

会場へのアクセス

「駅から無事会場に辿り着けるのだろうか」と思っていたのですが、運営公式による案内動画を見て「JRで上の改札から出ればいいんだな」と予習出来ていたので難なく会場に着けました。

建物に入ってからもトラップがありましたし、あの動画が無かったらどうなっていたことか・・・

名札

名札の裏側にはタイムテーブルが印刷されていたのですが、表側と上下逆さまに印刷されていた事で名札を首から下げたまま見やすいようになっていて「かしこい!」となりました。

PHPerシール・スポンサークイズ

PHPerシール、「シール交換しませんか?」と会話のきっかけになりました。

また、スポンサークイズがスポンサーブースを訪ねた時の会話のネタになったりと、今回のぺちこん関西は参加者間の交流を活発にする施策がよく練られていたのが良かったなと思います。

ランチマップ

お昼は公式のランチマップに掲載されていた喝鈍に食べに行ったのですが、列に並んでいる時に野生のPHPer(okashoiさん、ZOEさん、akkiさん、pinkumohikanさん)と遭遇し、一緒にお昼を食べられました。

pinkumohikanさんとはお会いした事が無かったので「どなただろう・・・?」と思っていたものの席が分かれたりしてお話出来なかったのですが、その後の懇親会でお話出来て顔とアイコンが一致しましたw

見た発表

HACK.BAR

名前だけは見かけたことがあったHACK.BARが神戸にあると運営公式noteで知り、懇親会の後はHACK.BARに行っていました。

すると、ぺちこん関西の会場で話したhigakiさんにお会いし、他にもぺちこん関西に参加された方などが来店されていました。

エンジニアの方ばかりがいる空間で、バーに行くのは初めてでしたがとても居心地が良かったです。

↓HACK.BARにはプログラミング言語などをモチーフにしたカクテルがあり、PHPRubyを頂いたのでペタリ

YAPC -> ぺちこん関西

今回のぺちこん関西は前日に広島でYAPC::Hiroshima 2024が開催されるということで、YAPC -> ぺちこん関西と梯子で参加していました。

他にも梯子勢は10人程いたので、別のカンファレンスで会った人とすぐ再会したのが面白かったですw

(ほんとこの状態だった)

それ以外にも発表を聞いていてYAPCを思い起こす場面がちょくちょくありました。

RDBアンチパターンと戦う - 削除フラグ 完全攻略ガイド / delete flag - Speaker Deck

このワードとても好きなのですが、YAPCに参加した直後に聞くとより感じるものがありました。



seikeさんのパフォーマンスチューニングの発表を聞いていて、YAPC前夜祭でsoudaiさんが「キャッシュで高速化しようとするより先にまずRDBを使い切ろう」と言っていたのとリンクした図



末尾カンマ、とほほさんによるYAPCのキーノートでも話に上がっていたので「昨日聞いた奴だ!」となってました。


一つのカンファレンスに関連イベント含めてガッツリ参加するのはそれはそれで楽しいのですが、梯子するのも(大変だけど)楽しいな、と思いました。

(と、5月も梯子を画策している所・・・)

神戸に宿泊

今回のぺちこん関西の会場は大阪でしたが、Kanonさんが神戸をオススメされていたのを見て神戸(三宮)に泊まってみました。

新快速だと約20分で大阪に着いたので、梅田ダンジョンを彷徨う事を考えると全然アリでは?と感じました。


ぺちこん関西当日の朝に三宮から元町までぶらぶら歩いて朝食を食べに行ったり翌日異人館を観光したりと神戸を満喫できたのですが、今回はあまりゆっくりする時間が無かったので次に行くときはもう少し時間を取って色んな場所・お店に行ってみたいです。

まとめ

関西のぺちこんは参加した事が無いままコロナ禍に突入し、今回が初めての参加となったのですがとても楽しかったです。

また、今回のぺちこん関西はオープニング・エンディングで多く(半分近く?)の人がカンファレンス自体に初めて参加したと手を上げていたのがとても良かったな、と一参加者ながらに思いました。

次回が開催されるならまた参加したいです。

スタッフ・スピーカー・スポンサーの皆さまありがとうございました!

YAPC::Hiroshima 2024に参加しました

街をぶらぶらしている時に見に行ったエディオンピースウイング広島

2/9 (金)・10 (土)に開催されたYAPC::Hiroshima 2024に参加しました。

YAPCに参加するのは初めてでしたが、とても楽しかったです!

前夜祭

Introduce Hono v4!!!!

ひたすらすげーって聞いてました。

何かでHono試したくなっています。

Cache-Control: max-age=86400

刺さった・印象に残った事

企画: 番宣リレー

持ち時間1分で本編スピーカーの方などが番宣していく企画。 話し終わった人が次の人の銅鑼役になっていたのが面白かったです。

uzullaさんが銅鑼担当になった際、開始直後に銅鑼を鳴らすネタをやったらあすみさんがuzullaさん(2周目)の開始直後に銅鑼を鳴らす天丼カマしていたのがウケましたw

びきニキさんがPHP系カンファレンスの宣伝をしていた時のワードチョイス。最高。

ワインと鍋の人が「ワインと」「鍋ー」とコール&レスポンスしたりRIZAPの人が余った時間で腕立てしたりと進むにつれてカオスになり、YAPCのごった煮感が出ていた良い企画だったと思います。

Beer Bash

前夜祭のあと、STORESさん主催のBeer Bashに参加し、そこに参加していた面々で二次会にも行きました。

Perlについて何も知らないPHPerがYAPCPerlについて質問しても丁寧に教えて下さったりとみなさん優しく迎え入れてくださり、とても楽しめました。

本編

VISAカードの裏側と “手が掛かる” 決済システムの育て方

今回のベストスピーカーに選ばれた人の発表でした。

決済システムの内側が分かりやすく説明されていてとても面白かったです。

awkでつくってわかる、Webアプリケーション

awkTCP/IP通信出来る -> Webアプリケーション作ってみよう、の発想がぶっ飛んでいて最高でしたw

組み込み変数を使って1行毎に読み込む辺りまでは「ふむふむ、なるほど」って感じでしたがボディを読み込む辺りからめっちゃ力技してるし、さらっと流している一つ一つの実装がすごいことやってるな、と思いました。

(再演) 関数型プログラミングと型システムのメンタルモデル

完全には理解が追いついていない感覚がありますが、関数型プログラミングへの興味が高まりました。 (まずはチュートリアルやったきりのRustをちゃんと使えるようになる所からかな・・・)

古い技術について—SMTP現代事情つまみ食い—

SMTPに関連することが分かりやすくまとまっていました。 BIMI・ARC・SRSなど、知らない仕様も増えていたので知識をアップデート出来ました。

また、昨今の事情から質疑応答がさながら相談会のように白熱していたのが印象に残っています。

平成のエンジニアから令和のエンジニアへの遺言〜技術情報を伝達する手段の変遷〜

パネルディスカッションの中で参加者層を聞く場面があり、初参加の人も5回以上YAPCに参加したことがある常連の人も多く、コミュニティとしてとても良いなと思いました。

キーノート

「とほほのWWW入門」を作られている杜甫々さんによるキーノート。

さらっと「暇だったので作りました」「出来ました」と話している一つ一つがすごく、また「好きだから」でとても多くの入門記事を執筆されており、圧倒されました。

あと、「OSSはサポート期間が短い」「フレームワークはすぐ陳腐化する」に対して「長くインターネットを見てきた杜甫々さんだからこそそう思うのかな」と考えていたら多くの参加者の人がフリーレンを連想していてまさにそれだな、と思いました。

発表が終わったあと拍手が鳴り止まなかったのも納得のとても良い話で、現地であの話を聞けて良かったなと思いました。

まとめ

濃い技術話をたっぷりと聞け、こう自分が知らない・そこまで詳しくない事を「よく分からんけど面白い・すごい」と感じながら聞けるのがカンファレンスの良い所だよなー、と再認識出来るとても良いカンファレンスでした。

また、今回は翌日に大阪でPHPカンファレンス関西があるので梯子しよう、と自分含めPHPerが10人以上参加していたのですが、スッと受け入れてくれるYAPCPerlコミュニティの方が懐深いな、と思いました。

本当にYAPC参加して良かったです、次回も開催されるなら参加したいです。

スタッフ・スピーカー・スポンサー・参加者の皆さんありがとうございました!

PHPカンファレンス北海道2024に参加しました

1月12日〜13日に開催されたPHPカンファレンス北海道2024(以下、ぺちこん北海道)に参加しました。

ぺちこん北海道、最高でしたね〜

day0 (1/12)

ぺちこん北海道自体は金曜日から前夜祭があったのですが、業務の都合で仕事が終わってから北海道に向かうスケジュールでした。

楽しそうにしてるPHPerの様子を見ながら「あと少しで北海道にいけるんだ・・・」と羨ましい気持ちを堪え、仕事を終わらせ羽田に。

が、雪の影響で飛行機が飛ぶか怪しい雲行きに・・・

場合によっては羽田に折り返すかもしれない条件付き運航で飛ぶことになりました。
(なので万が一の事を考え、飛行機に乗るまでは翌日の始発など調べていました)

と、不安材料はあったものの飛行機は無事北海道に着陸。

着陸するまでツイートが途切れたりした事で心配して下さった方もいたようで、ご心配をお掛けしました・・・

このスクショを撮った時点でも「ここまで来たものの無事降りられるのか・・・?」とか考えてました

ホテル近くの地下街出口から地上に上がると前回のぺちこん北海道の懇親会会場が見えて懐かしい気持ちに。

day1 本編 (1/13)

本編当日は会場近くのホテルに止まっていたので時計台見に行ったりしながらゆっくり会場に。

受付では自分がforteeに実装したGoogle Wallet連携を使ってスマホに保存したチケットを見せました。

実装時に過去カンファレンスを使って問題なく動くのは確認済みでしたが、実際に運用されるのはぺちこん北海道が初めてだったので無事動いてホッとしました。

forteeのGoogle Wallet/Apple Wallet連携は「便利だった」という声をチラホラと聞いてとても嬉しかったです。

会場に着いたらロールアップバナーやバックボードなどがあって、「力入れてるな」と少しビビりましたw
一回運営側を経験すると何を見ても運営目線で考えてしまいますね。


そして、本編開幕。

オープニングからスポンサー紹介動画の流れ良かったですね〜
スポンサーも含めてコミュニティとしてカンファレンスを支えてるんだ、と感じられてとても良かったです。


オープニングの後、次のセッションが始まるまでの間に2つ位隣の席の人から話しかけられてそっちを見たら@3namnさんでびっくりしました。

こう、知り合いにばったり、という場面があると去年から今年にかけてコミュニティに知り合い増えたな〜と感じます。


空き時間はスポンサーブースに。

特にサムライズムさんのブースで「TamaCat使ってます」という話が出来て嬉しかったです。

あとは廊下で2019年のPHPカンファレンス福岡やPHPカンファレンス沖縄の時に話したことがあった@yakitori009さんと久しぶりにお話出来て嬉しかったです。


そして、お昼は@tomzohさん一行に混ぜて頂いてスープカレースープカレーを食べたのはたぶん初めてでしたが、美味しかったです。

スープカレーに限らず、北海道美味しいものだらけでしたね。

食べたい物・おすすめの食べ物をチラシに書いてツイートさせる企画、前夜祭の時からTLでよく見かけて盛り上げってるなーと印象に残っていました。

とても良い企画だったと思います。


そういえば、今回のぺちこん北海道はPHPerKaigi 2023のようにLTで残り時間が少なくなった時にペンライトを振るスタイルだったのですが、LTでペンライトを振るのは地味に初めてでした。
スタッフ参加していたPHPerKaigi 2023やiOSDC Japan 2023ではLTはチラ見したりって感じだったので実際にサイリウムを振れて楽しかったです。


本編が終わり、懇親会が始まるまでの間に一回ホテルに荷物を置きにいった所、ホテルを出る時に野生のPHPer(@sogaohさん、@chatiiさん、@asumikamさん、@_mkmk884さん)に遭遇してウケましたw

懇親会では初めましての方とも話しましたが、知り合いに話しかけに行く事が多かったな、って感覚があります。
話したいことがあったのもありますし、知り合いと話すの楽しいんですけどね。
もう少し色んな人に話しかけられたら良かったなとも思います。

その初めて話した人の中にカンファレンス自体に初めて参加しました、って人がいて楽しんでいる様子だったのが嬉しかったです。

あとは@asumikamさんがPHPカンファレンス小田原のスタッフ陣で写真撮ろう、と言って集合写真を撮ったりもしました。

たしかあの場にコアスタッフ・当日スタッフ合わせて9人いたはず・・・
(多いw)


懇親会の後は@soudai1025さんの所の二次会に混ぜてもらいました。

soudaiさんとyakitoriさんがネットワーク機器談義をしていたのが「よく分からんが面白い」って感じで聞いていてとても楽しかったです。

あとは@YKanoh65さん、途中から合流した@yamato_sorarikuさんとカンファレンス運営話をしていたような気がします。

関西の実行委員長を煽っている応援しているyamatoさんが完全に解放された顔でしたw

見た発表(と一言感想)

今回のぺちこん北海道は1トラックだったので、全部の発表を見れました。
(まだ前夜祭のアーカイブは見れていませんが・・・)

全員が全ての発表を見た、という状態になるので1トラックもアリですね。

day2? (1/14)

日曜日はPHP Lovers Meetup vol.3 + OSS Gate in 北の大地に参加したのですが、ちょっと余裕がある時間に目が覚めたので二条市場まで散歩がてら海鮮丼を食べに行っていました。

よく晴れていて、寒さや雪を踏みしめる音が心地良い散歩タイムでした。

(↓と調子に乗った結果)

その後のPHP Lovers Meetupでは題材にCakePHPベースのbaserCMSを選んだ人がいて、最近Cakeを触るようになったので「この書き方見たことある奴だ」ってなりました。

あと、昼食時にyamatoさんが差し入れて下さったセイコーマートのフライドチキンが美味しかったです。

PHP Lovers Meetupが終わった後はtomio2480さんチョイスの「北海茶漬けぽっぽぷらす」で懇親会。

料理もお酒も本当に美味しかったです。


そんな中、帰る予定だった翌日の天気が荒れそうで、早めに飛行機に向かった方が良いのでは、空港までの電車やバスが一部欠航になって混雑した場合を考えておいて指定席を取っておいたほうが良いのでは、との話になりました。

そして「1/15に無事飛行機に乗る会」爆誕

自分・chatiiさん・@youkidearitaiさんが同じホテルに止まっていたので、翌日の天気が見えなかった事もありyamatoさんに向かいに来て頂いて全員で駅に向かう事になりました。

ちなみに、2019年のPHPカンファレンス北海道の時にも本編翌日のアフターハックに参加していた面々でオータムフェストに行った後、札幌駅までyamatoさんにお見送りして貰っていました。奇遇(?)


翌日の段取りも固まってお開きになった後、まだ行けていなかったシメパフェに行きたい!と言った所yamatoさんに連れて行って貰えました。

道中雪がそれなりに降っていたのですが、連れて行って下さって本当に有り難かったです。

パフェを食べながらyamatoさん・tomioさんとぺちこん北海道良かったーって話をしていたらお店を出る頃にはすっかり雪が止んでいました。

あの時間にのんびり街を眺めながら歩いて帰れたのも良かったです。

day3? (1/15)

最終日、無事空港までの電車も動いており、chatiiさんが指定席を取って下さっていたおかげで余裕を持って空港に向かえました。

シートを回転させて修学旅行みたいな気分で「もうすぐエスコンフィールドの近く通るよ」とか話していたらあっという間に空港に。

そして、yamatoさんおすすめの立ち食い寿司のお店が空いている、と列に並んでいる間に前日乗る予定だった飛行機が欠航になってしまった@ogi_chotdake_seさんが合流。

お寿司とても美味しかったです。

お店の人によると普段は40分待ちになる事もあるようで、この日は雪の影響で一部の列車が運転見合わせになっていたりしたこともあって空いているのでは、との事でした。
(ラッキー)

お寿司食べ終わってお土産買ったりするか、って段階でogiさんと同じく前日の飛行機が欠航していた@dero1toさんも合流。

カルビープラスの「揚げたてポテトチップス」が美味しいよ、とyamatoさんに教えて頂き、お寿司は程々の量に抑えていてまだ全然食べられるお腹の空き具合だったので「しあわせバタ〜デラックス味」を購入。

めちゃ美味しかったです。

その後、飛行機まで少し時間があったので空港のラウンジで時間を潰し、deroさんに「保安検査通過した後のラーメンが美味しい」と教えて頂いたので富川製麺所で締めてから飛行機に乗りました。

飛行機はたまに揺れたものの予定通りに羽田に着き、無事に返ってくることが出来ました。

まとめ

今回のぺちこん北海道は制作物・演出などのクオリティがとても高かったなと感じました。
(なんなら出来が良すぎてこの後のカンファレンスのハードルが上がったようなw)

そしてyamatoさんを始め運営・地元の方のもてなし力が高く、北海道を満喫出来ました。
本当に感謝しかないです。

そしていくら食べても美味しいものが出てくる北海道・・・!

冬の北海道に行くのは初めてで少し不安だったのですが、とても楽しかったので次も冬の時期に行きたいな、と思っています。

運営の皆さんありがとうございました!

2023年の振り返り

1月・2月

この時期は動き出しが遅かったこともありPHPerKaigi 2023のパンフレット制作でひいこら言っていた気がします。
その他、PHPerせんべいの制作に取り掛かったりしていました。

あとは1月からPHP勉強会@東京が復活してましたね、ちょうどPHP勉強会@東京に参加し始めたのがコロナ禍直前の2019年だったのでとても嬉しかったです。

3年ぶりの「GMO Yoursに来てます」

3月

引き続きPHPerKaigi 2023のスタッフ業。

当日レンタルで使う無線機の準備をしたり、直前にバタバタとスタッフブログ書いてたりしました。

そしてPHPerKaigi 2023本編、最高でしたね・・・!

コアスタッフになり、当日スタッフの時と比べてやることが増えた分色々と楽しめていた気がします。

カンファレンス熱が高まる余り勉強会前日の夜に登壇申し込みをする位にはエンジョイしていました。

後はPHPerKaigi翌日に頑張って家事を片付けてグリッドマンユニバース観に行ってたりもしました。 最高だったなー。

4月

3月末〜4月頭はPHPerKaigiのアーカイブをひたすら見てフィードバック書いてました。

あとは5月のRubyKaigi 2023や6月のPHPカンファレンス福岡 2023に向けて準備を仕入れてたり。

趣味だとグリッドマンユニバースを何回も観に行ったり、原作の電光超人グリッドマンを見たりしていた1ヶ月でした。

5月

そして5月、RubyKaigi 2023!

Ruby系のカンファレンスに参加するのは初めてでしたがとても楽しかった!!!

街中にRubyistがいるお祭り感もそうだし、連日何かしらの関連イベントが開かれていたので最終日の頃には「昨日はどうも」って感じで話せたりもしたり、本編は言語本体の開発についてたっぷりと聞けて刺激になり、本当に楽しんでました。

今から来年のRubyKaigiが楽しみです!

6月

5月の中旬ごろからiOSDC Japan 2023(以下、iOSDC)のコアスタッフ陣に合流し、6月はTシャツの準備をしていました。

そして、何と言っても4年ぶりのPHPカンファレンス福岡!

楽しかったですね〜
(ツイート見返していたらたっぷり福岡エンジョイしてるのにまだ本編始まってなくて笑いましたw)

来年も福岡行くぞ!

7月

7月はPHPカンファレンス小田原 2024(以下、ぺちこん小田原)が動き出したり(厳密にはぺちこん福岡の直後からSlackワークスペース爆誕したりasumikamさんが加速的迅速に会場確保したりはしていましたが)、iOSDCの準備をしたり。

(Tシャツのサンプルが届いた時の様子)

あとは、7月末からforteeの開発にちょっとずつ関わるようになりました。

8月

iOSDCに向けた準備が佳境に。

ノベルティの内、7月から動き始めていたバックボード・ロールアップバナー、会場用リーフレットが仕上げに入り、その他だとグルメ情報などスタッフブログを3本書いてました。

それと、iOSDC当日の準備作業を軽減すべく夏休みの自由研究+αって感じでforteeにスタッフ向け機能を追加していました。

スタッフブログは会期まで1週間を切ってから書いていたので「時間足りない〜」って思っていた気がします。

あとは、MDNの日本語版に原文に追従しきれてない部分を見つけたのでPull Requestを送ったり。

今年のOSSコントリビュートはドキュメント系がいくつか、って感じでした。来年は実装周りもやっていきたい所です。

そして、響け!ユーフォニアムのアンサンブルコンテスト編の上映が始まり、勉強会終わった後に初回を観に行ったり、何度もリピードしたりしていました。

(こう振り返ると、8月盛り沢山・・・よくやれてたな、自分)

9月

iOSDCから始まった9月!(会期:9月1日〜9月3日)

iOS系のイベントに参加するのは初めてでしたが、やっぱり何かの技術が好きな人が集まったイベントは楽しいですね〜

iOSDCの会期後はPHPerKaigiと同じく「ひたすらアーカイブを見てフィードバックを書く」期間に入ったり、ぺちこん小田原の下見に行ったり。

iOSDCのアンケートで見かけた「チケットをApple Wallet連携できたら」という声をなんとなく思い出して(費用が掛からない・自分が持っているAndroid端末で試せる)Google Wallet連携の実装を試したら思ったよりすんなり出来て本格的に実装するぞーとなったのも9月の下旬頃でした。

10月

10月はこれまで一般参加だったPHPカンファレンスに当日スタッフとして参加した所からスタート。

10月下旬はぺちこん小田原の下見やPHPerKaigi 2024のキックオフがあった後にPHP勉強会@東京でGoogle Wallet連携について発表し、そしてKaigi on Rails 2023、Vue Fes Japan 2023、と楽しいと同時に忙しない日々でした。(嬉しい悲鳴)

11月

11月はforteeで「バグとかガーッと潰しくてくぞー」って気分になったのでバグ系のIssueを潰したり、それが一段落した後にApple Wallet連携の実装を始めたりしました。

Apple Wallet連携はドキュメントが分かりづらかったりしたものの11月末には概ね実装出来ました。

元々PHPerKaigi 2024の準備が本格化するであろう12月に入る前にApple Wallet / Google Wallet連携の実装を終わらせておきたいと考えていたので、若干12月に差し掛かったとは言え予定通りに終わらせられて良かったです。

その他、技術書典や技術書同人誌博覧会に参加したり。

特に技完ガイドはぺちこん小田原の準備を進めていく上でとても参考になりました。

あとは.NET 8のリリースがありましたね。
自作ツールの.NETバージョンを更新する毎年の定例作業もしていました。

12月

どこかのタイミングで小田原に車で行ってみたいなー、と思っていたのでレンタカーを借りて小田原観光していました。

海鮮丼美味しかったなー。

また、ぺちこん小田原の舞台裏をちら見せする記事を書いたりもしていました。

あとは今年のfortee開発を振り返ってみたり。

そしてPHPerKaigi 2024のノベルティの準備が始まったり、ぺちこん小田原のタイムテーブル確定・チケット販売開始など来年に向けて盛り上がってまいりました・・・!って感じの12月でした。

まとめ

今年はぺちこん福岡の振り返り記事にも書きましたが直接話すのは初めての人が多く、コミュニティの知り合いが増えた1年でもありました。

また、PHPerKaigi 2023の振り返り記事

そしてここ半年(特に直近約3ヶ月)はPHPerKaigiが脳の一定割合を占めていたので少し休みたい気分半分、逆にスタッフをやっていない生活に違和感を覚えそうな気持ち半分、といった所です。

と書いていましたが、こう振り返ると見事にカンファレンス沼に浸かってますねw
(4月・5月以外はカンファレンス運営関係を何かしらやっている、、)

来年も自分のキャパを超えない範囲で色々楽しんでいければと思います。

今年一年ありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。

「技術カンファレンスのマスターガイド」を読みました

「技術カンファレンスのマスターガイド」を読み、感想を書こうと思ったら140文字に収められそうになかったのでこの記事を書いてます。

#技完ガイド、とても良かったです。

感想

前提として、私は技術カンファレンスの当日スタッフやコアスタッフをそれぞれ数回経験したことがあります。
なので「カンファレンス運営について少しずつ分かってきたけどまだまだ知らない事も多く、特にカンファレンスの立ち上げは初心者」といった状態でこの本を読みました。

その上でこの本を読んでみると、自分が経験したり他のベテランスタッフの方が気にしているのを傍で見たりして「ここ気をつけたほうが良いよな」と思うポイントが多く書かれていたのでわかるーと共感しながら読め、それだけでなく「こういった観点もあるのか」と発見も多くありました。

そして、こうした知見はスタッフそれぞれの頭の中に断片化された状態で保存されていて、さりげない所で気配りされていたり場面場面で「あ、ここ気をつけたほうが良いよ」と出てきたりするイメージがあるのですが、この本にはイベント運営にまつわる知見が体系的にまとめられているのがとても良いなと思いました。

これからカンファレンスを開催しようとしている人がキャッチアップしていく意味でも、スタッフ経験がある人が再確認する意味でも。

まとめ

技完ガイドは自分たちの開催規模・形態に合わせて書いてあることを取り込み、すぐには必要にならない内容も頭の中にインデックスを作っておいて必要になったタイミングで取り出すリファレンスとしても有用な本だと感じました。
(本の紹介に書いてある通り、まさに「20名の技術イベントから1,000名以上の大型カンファレンスまで対応」です)

読んでいて参考になる事ばかりでした。

イベント運営を考えている人には本当にオススメしたいです!

PHP Conference Japan 2023に当日スタッフとして参加しました

10月8日 (日)に大田区産業プラザPiOで開催されたPHP Conference Japan 2023に当日スタッフとして参加しました。

phpcon.php.gr.jp

PHPカンファレンスは2019年以来4年ぶりの現地参加、そして今年は初めてのスタッフ参加でした。

事前準備

今回、私はスピーカー担当としてスピーカーの方の受付や集合確認などを担当する3人チームのリーダーでした。

ただ、やる事はざっくりとだけ決まっている状態だったので10月4日 (水)に開かれた事前ミーティングの際にコアスタッフの方に質問したり、チーム内で話し合ったりした内容を元にマニュアルを作成。

また、コアスタッフの方が受付用のリストを用意して下さっていたのでそれを実際の運用を想定した形にメンテして事前の準備を進めました。

前日は午後からPiOに向かい、1階大展示ホールの設営やトートバッグへのチラシ・ノベルティの封入などを行いました。
机・椅子を並べてパーティションを組み立てたり、各スポンサーブースに荷物を運んだり。

チラシ・ノベルティを袋に詰める作業(通称蟹工船)は何回かやった事はあったのですが、1000セット以上の封入はさすがに多かったです。
途中、終わりが見えないような感覚にもなりましたが、スタッフ以外で手伝ってくださる方がいた事もあり過去最速らしい17:30頃には終了。

その後は受付で渡すTシャツや名札など細々とした準備を進めました。

↑昼間に各部屋担当の人がスピーカーの方をどう呼べばいいか受付で確認した方が良いよね?となり帰宅後マニュアルや受付リストに反映して準備を終えた時の投稿。

当日

当日は基本的に一般受付隣のスピーカー受付にいて、

  • スピーカー受付時にTシャツや名札・ノベルティをお渡しし、読み上げ確認や注意事項の伝達
  • 各セッションの開始10分前になったらスピーカの方がいらっしゃってるか各部屋担当に確認
  • スピーカーの方が到着されていなかったり、未受付だったりした場合に対応

などをしていました。

到着確認は地味に大変でした。

トラックが6つあるだけでなく、各トラックの開始時間はそれぞれバラバラだったので。
コアスタッフの方や各リーダーなど一部のスタッフは無線をつけていたのですが、6トラック分の開始・終了情報と一緒に到着確認が流れるので混乱することもあり・・・

全体を統括されているスタッフの方が無線で各トラックに確認して下さったり、発表が近くになっても受付されていない方がいたらSNS担当経由で連絡を取ろう、と言って下さったりと助けていただいたお陰で何とかやり切れました。

また、休憩時間に一参加者としてスポンサーブースを回っていたのですが自分が全く知らない企業さんが出展されていたり、各社さん趣向を凝らしていたりと、回っていて楽しかったです。

(隠しキャンペーン)

その後、スピーカー受付は16時30分ごろには一通りのタスクが終わり、スポンサーブース周りの撤収作業や懇親会受付、懇親会会場の準備に回っていました。
懇親会のチケットは勝手知ったるforteeで管理しており、forteeを使ったチケット販売・受付はPHPerKaigi 2023やiOSDC Japan 2023で慣れていたのでシュッと受付のヘルプに。
こういう時同じツールを使ってると便利ですね。

終盤、スタッフをしているPHPerKaigi 2024・PHPカンファレンス小田原 2024の告知をぎりぎり見れて良かったです。

来年はより一層PHPコミュニティが盛り上がりそうですね!

PHP Lovers Meetup vol.1 + OSS Gate

翌日はPHPカンファレンスに参加した熱そのままにPHP Lovers Meetup vol.1 + OSS Gateに参加しました。

php-lovers-meetup.connpass.com

OSSの開発には少し参加したことがあるので、サポーター枠として参加。
初めてOSS Gateに参加したのですが、まず最初にどういった流れで進めるのか説明があり、各ビギナーの方が取り組むOSSを選び、環境構築する所からスタート。

環境構築で詰まったらアドバイスしたり、実際に手元の環境でも構築してみたり。

お昼は会場提供のpixivさんのご厚意により、参加者全員で文字通り「同じ釜の飯を食べ」ました。
(pixivさんは大きなリリースの時に釜飯を食べる文化があるそうです)

ビギナーの方に上手くアドバイス出来たか微妙な感覚はしており、最後の方は自分で手を動かしてしまってもいたのですが、少しでも参加された方がOSSを身近に感じて頂けたなら嬉しいです。

そして、イベント終了後は場所を変えて一部参加者で行った懇親会に参加しました。

イベント運営話やエディタ話、そして最後はnullを巡るプロレスと、とても楽しかったです。

まとめ

今回のスタッフ参加を振り返ると、事前の準備やすり合わせの詰めが甘く、後手に回ってしまった感覚があります。
また、上手く同じチームの人と役割分担出来ておらず、自分が動く場面が比較的多くなってしまったなと感じています。

と、反省点はあるのですが全体を通してとても楽しかったです。

これまで一般参加してきたPHPカンファレンスの裏側を知れ、カンファレンスを支えられて良かったです。

来年もスタッフ参加しようかなと考えています。

ではまた!

iOSDC Japan 2023にコアスタッフとして參加しました

みなさん、こんにちは。

9/1〜9/3に開催されたiOSのカンファレンス、iOSDC Japan 2023にコアスタッフとして参加しました。

iosdc.jp

iOSDC Japanはこれまで「楽しそうだな〜」と外から眺めていただけだったのですが、主催が同じPHPerKaigiでスタッフをしていた繋がりもあり、今回スタッフとして初参加しました。

iOSDC、楽しかったですね!

事前準備

他のコアスタッフの方は自分より前から動き始めていて、私は5月の途中から合流しました。

Tシャツ

まず担当したのは一般参加者・スピーカー・スタッフ向けTシャツです。

PHPerKaigi 2023の参加ブログにも書いた通りカンファレンスTシャツにオリジナルのネームタグを付けたいなーと思っていたのでTシャツの制作担当として手を上げ、6月から制作を始めました。

ざっくり

  • Tシャツ本体へのプリントだけでなくネームタグの制作・取り付けまで対応している業者さんを探し問い合わせ
  • スケジュールをデザイナーさんなど含めて調整
  • 制作

と進めたのですがスケジュールがだいぶタイトになってしまいました。

元々一般参加者・スピーカー向けTシャツはノベルティBOXに封入して事前配送するため納期が早めなのですが、そこにタグの制作・取り付け工期が加わってしまい・・・

デザイナーさんを始めとしてTシャツ制作に関わって下さった方には頭が上がりません。

ただ、そのおかげで本当に素敵なデザインのTシャツを制作出来ました。

左から一般参加者向け(ランダム2種)、スピーカー向け、スタッフ向け

今でも、何回も見返したり着たりしては、デザイン最高すぎる・・・!となっています。

ロールアップバナー

Tシャツの制作が落ち着いてきた頃から、当日会場に設置するロールアップバナーの制作に取り掛かり始めました。

基本的には昨年のIssueを参考にしつつ、iOSDC Japanは会場として大学をお借りしているという事で「参加者の人にこういう案内いるよね」と話に上がった要素を盛り込んだバナーを追加したりしながら進めました。

今年から屋外にも案内用バナーを設置したのですが、バナー下部に重しとして付いているタンクへの注水に手間取ったり、風が強くなったときに倒れそうになったりしたので、来年は(自分が担当するかは置いといて)より上手く進めたい所です。

リーフレット

ロールアップバナーと同時期に、会場で配布するタイムテーブルを印刷したリーフレットの制作も担当しました。

自分自身、会場で手軽にタイムテーブルを確認できたので便利だったなーと思っています。

ブログ

カンファレンス当日が近くなってきて「この辺りの案内いるよなー」「あっ、これについて案内してなかったな」といくつか案内記事を書きました。

blog.iosdc.jp blog.iosdc.jp blog.iosdc.jp

ただ、iOSDCチャレンジについて当日質問を受ける事がちょくちょくあったので、それについての記事も書いておきたかったです。

また、(PHPerKaigiに引き続き)ブログの存在に気づけなかったという声も多くあったので、発信方法はどうにか改善しないとな、と思っています。
ダッシュボード的な「ここ見ればOK」ってページがあると良いのだろうか、だとしたらどのような形式で載せるのが良いのだろう、とかぼんやり考えています)

当日

カンファレンス当日はInformationコーナーで問い合わせ・落とし物対応やSNSでの告知などを担当していました。

ここまではPHPerKaigiの時から引き続き、ではあるのですが今年のiOSDCではiOSDCチャレンジの形式を変更し現地(or オンライン)で抽選して景品をプレゼントする形になったので、抽選係もやっていました。

抽選券を20枚ほど溜めて抽選に来られる方も珍しくなく、ガラガラを回した回数・当たりが出た回数を間違えないようにするのが大変でしたw

カンファレンスならではのお祭り感があって良かったのではないでしょうか?

まとめ

今回のiOSDC Japanではこのような事を担当していました。

当日はとても盛り上がっていて自分自身楽しかったですし、楽しかったとの声も多く頂けて良かったです。

ただ、暑さでダウンしてしまいday2の最後までいられなかったのが心残りなので、もし開催されれば来年は最後まで参加したいです。

ではまた、iOSDC Japan 2024(?)でお会いしましょう!